Fuse®の特集

Full Spectrum Endoscopy®の紹介

大腸内視鏡検査は命を救います。しかし、従来の前方視大腸内視鏡では多くの前がん状態のポリープを見落とすということも事実です。Full Spectrum Endoscopy® (Fuse®)は革新的な大腸内視鏡検査であり、大腸に対して従来の前方視大腸内視鏡のほぼ2倍の視野である330度の広角視野を実現します。 The Lancet Oncology に最近発表された研究によれば、Fuseにより従来の前方視大腸内視鏡と比べ76%多くのポリープを検出できました。

 

The Lancet Studyを参照するには、ここをクリックしてください
Slide background
Slide background


Fuse®大腸内視鏡検査は他とどこが違うのか?

大腸内視鏡検査と呼ばれる医療検査で紛れもない技術革新が登場して20年経ちました。これまで、従来の内視鏡では、医師の視野は170度に制限されていました。Fuse Full Spectrum Endoscopy®は革新的であり、330度の全視野を確保し、消化器医は大腸の観察範囲が広くなり、より多くの前がん状態のポリープを検出できます。

Fuse®の視野

従来の視野

第一線の医師および患者の言葉…

大病院や国立健康管理組織から小規模の開業医や外来医療センターに至るまで、Fuseが消化器医に世界的な視野を提供することで、消化器医は前がん状態のポリープを危険な状態になる前に検出できます。

  • 「Fuseプラットフォームが提供する広角結腸内視鏡検査は、画期的な体験です。今となっては、前方だけを向いたカメラ1つで検査をしていた頃に戻るなどということは、考えられません。Fuseプラットフォームを使用するようになってから数か月のうちに、患者ケアの質が大きく改善されたように感じます。」

    David Robbins、医学博士、理学修士
  • 大腸内視鏡検査を受けるときにすべて見えることの重要性はいくら評価してもし過ぎることはありません。人に大腸内視鏡検査を受けさせることはかなり難しく、最低限できることと言えば、検出可能なことはすべて実際に検出されているという安心感を与えることです。DavidのFuse®経験を参照するには、ここをクリックしてください。

    David Dubin
    Founder of AliveAndKickn, three time genetic cancer survivor
  • 従来の内視鏡が確保する前方視野は約170度です。Fuseの利点は、そのほぼ2倍の330度の視野を確保できるようになります。

    Peter Siersema, MD, PhD
    Professor of Gastroenterology, University Medical Center, Utrecht, The Netherlands
  • EndoChoiceの革新的なFuse技術により、人命を救助する処置である大腸内視鏡検査の実効性が劇的に向上します。

    Ian Gralnek, MD
    Rappaport Faculty of Medicine, Technion-Israel Institute of Technology and Department of Gastroenterology, Rambam Health Care Campus, Haifa, Israel
  • …これは素晴らしい技術です。長い間両側を見たいと思っていたことが、今はできるのです!

    Douglas K. Rex, M.D.
  • より多くの生体組織を観察し、消化器内視鏡の質を向上させることの重要性が大きな注目を浴びている中で、Fuseシステムは内視鏡の視野を一変させます。

    David Carr-Locke, MD
    Professor of Medicine, Albert Einstein College of Medicine, Chief, Division of Digestive Diseases, Beth Israel Medical Center, New York, NY


Fuse®大腸内視鏡検査に対する主張

革新は難しいものです。20年間、医師は昔ながらの古い技術をそのまま使用し、目隠しをした状態で大腸を見てきました。「視野が狭い」と言った場合、それはしばしば否定的なコメントであるというのには理由があります。視野が限られていると、物事を見過ごすことになります。潜在的に重要な事。こうした訳で、EndoChoice®の革新者達は目隠しを取り去る技術の開発を望んでいました。そうすれば、医師は20年間見落としていたものを見つけることができるようになります。私達は愛するあまりの多くの人達が大腸がんと診断されるのを見てきました。私達は、誰かがポリープを検出するためのより効果的な技術を開発してくれるのをただ黙って待っていることはできませんでした。がんは非常に重大で、検出されないまま放置することはできません。

Cancer Research UKによれば、大腸がん(CRC)は世界で3番目に多いがんであり、2012年1,360,000以上の症例が新たに大腸がんと診断されています。 CRCは世界のがん死亡原因の第4位で、2012年およそ694,000人が死亡しています。